関口教会について

関口教会について

主任司祭挨拶

 

関口教会は1900年に正式に小教区として設立されました。1918年に大司教館が移転し、1920年に築地教会から関口教会に東京の司教座聖堂(カテドラル)が変更となり現在に至ります。第2次世界大戦時の東京大空襲で聖堂は消失してしまいます。戦後、ドイツ・ケルン教区の多大な支援により1964年12月8日には、丹下健三氏の設計による東京カテドラル聖マリア大聖堂が献堂されました。無原罪の聖母に捧げられた関口教会は100年を超えた歴史を刻んでいます。近代建築の意匠と教会共同体が、目に見えるものと見に見えないものの調和のシンボルとなり、イエス・キリストの福音が多くの人の心に届きますように。 

カトリック関口教会
主任司祭 小池亮太